錦織のサーブは良くない

錦織のサーブは良くないと僕は思います。
あくまで、僕の意見です。

実際のところ、本人も自信はないと思います。

実は、僕はサーブが超得意な時があり
サーブなんて簡単だと思ってました。

が、

フォームを変えた瞬間、大の不得意になりました。

最初は、慣れるまでの辛抱かなー
くらいに思ってましたが

1年近くスランプになりました。

1年後気づいたことは
ひょっとして、フォーム?

そして、元のフォームに直したところ
改善され、今はサーブに頼れる選手に戻りました。

で、
何が言いたいの?
となると思いますが・・・

僕のスランプの原因が
錦織も同じことをしています。

それは、肘の位置です。

今は、流行で、サーブを打つ前はできるだけ肘を下に落とします。
この流行を真似て僕もフォームを改善しました。

確かに、スイングスピードは速くなりましたが
ボールのおさえが効きません。

ボールがロングしたり、ショートしたり
本当に苦しみました。

きっと錦織も同じ気持ちなんだろーな
なんて思ってました。

気のせい?

リストの角度とリストワーク

テニス
サーブを打つ時のリストの角度は?? という疑問はありません?

最近、テニス雑誌を読んでいると気になる事が時々あります。
手首を使って回転をかけるという記事です。

これって、間違ってると思います。
実は、手首を使うと回転量が減るんですよ。
僕のレッスンの中でも大勢の生徒さんに試してもらいました。

結果、僕のレッスンでは100%以下のとおりでした。
・手首を固定すると回転量増
・手首を使うと回転量減、スピードアップにてきしている。

この2点重要ですね。
イメージしたとおりにボールを打つことができないと
自信がもてませんよね。
正しい理解をした上で、練習できるといいですね。

詳しくは、こちらをご覧ください。
↓↓↓↓↓
テニスサーブのリストの角度


テニスのサーブを打つ時のリストワークも重要ですね。

リストワークを意識しすぎると
コントロールが安定しないんですよね。

どんなリストワークができるといいか??
についても記事を書きました。
↓↓↓
テニスサーブのリストワーク

内容はこんな感じです。
↓↓↓
・フラットサーブのときは、「ガツン」という音をだすつもりで
 リストワークを意識します。
 肘から上を下に落とす感じですね。

・回転系のサーブを打つときは、
 「シュンッ」という音をイメージします。
 早く面を返そうとするのではなく、ある程度ラケットフェイスを
 保ち、自然に面を返すようにします。

以上、2つの記事をアップしましたので
是非ご覧ください。

サーブの狙う場所

サーブを打つ時、狙う場所を考えてますか?

必ず、3種類のコースを打ち分けてください。
つまり、3種類のコースを練習してくださいね。

テニスで一番大事なショットってサーブなんですよ。
だから、ちょー大事にしてください。

で、
狙う場所は、
相手のフォアサイドなら、ネットとサービスラインの間
2本分(1.5m)手前あたりを狙います。
(右利きプレーヤーで想像してください。)

相手のバックサイドを狙うなら、
思いっきりセンターに狙いましょう。

ただし、オンラインのサーブは
フォルトをとられることも覚悟してください。
大事なときは、エースはフォルトになる率があがります。

で、このとき役に立つのはボディーサーブです。
(このサーブ結構見逃されやすいんですよね。)

でも、気をつけないといけないことがあります。

ボディーは変化の無いサーブを打つと打ちごろになっちゃいます。
特に、オムニコートでは厳しいです。

通常の(世界)セオリーでは、高くバウンドするサーブで
ボディーを狙うと有効といわれています。
つまり、スピンサーブでボディーを狙うということですね。

でも、オムニコートってあんまり跳ねないんですよね。
これ本当に僕も悩みました。

でも、ちょっとスピードのあるスライスを使うと
以外と有効的でした。
結構、読みににくいんですよね。

と、まあ僕の体験からすると
重要なポイントでは、スライスを必ずファーストにもってくるのが
有効ということですね。
コントロールがずれてボディーからはずれても、
エースになるかもしれませんからね。

ということで、スライスサーブ
特にオーバースピンのスライスサーブはたくさん練習することを
お薦めします。







キレとスピードを両立したサーブ

こんばんは

今日もサーブについて執筆しちゃいます。

キレとスピードをキープしたサーブが理想ですよね。
なかなか、これが難しいんですよね。

スピードを重視してフラットを打つとコースが甘くなって、
コントロールを重視スピンを打つと打ちごろのサーブになってしまう
僕は、こんな経験ばかりでした。

でも、オーバーサイドスピンサーブを打つようになってから
比較的せめるサーブでのポイント率がよくなりました。

一般的にスライスサーブというとサイドスピンですが(横回転)
順回転に近いサイドスピンをかける(オーバーサイドスピン)
という種類があるんですよ。

このサーブはキレもでてスピードもそこそこ保てます。
詳しくは僕のもう一つのブログで詳しく書こうと思ってます。

是非そちらをご覧ください。
サーブでテニスの達人


サーブについて

最近ちょっとこのブログが重くなってきました。

なので、
ちょっと別々にブログを書いていこうと思います。

まずは、サーブについてブログを書いてみました。
結構がんばりましたよ。
↓↓↓
サーブでテニスの達人


こんな感じでカテゴリーを分けてできるだけ詳しく
書きました。

サーブの打点

サーブのトス

サーブのトスを上げるときの握りは?

サーブ強化

ってな感じです。

最後のサーブ強化っていうカテゴリーは少し
記事が多くなっちゃいました。

というか、カテゴリー分けが難しかったんですよ。

では、では、
是非サーブ強化を狙っている方がいましたら
ご覧ください。

次は、フォアハンドについてのブログを書きたいと
考えてます。

サーブのサイドアウト克服

今日のポイントは”サーブのサイドアウトを防ぐ”です。

スライスサーブを打つとどうしても横に切れてしまう方いませんか??
少なくとも、僕は必死にエースを狙うと横に切れます
(サイドアウト)。
大事なポイントだとすごくショックです。

原因は体の開きでした。
体が開きすぎると、回転がかかりすぎてしまい狙ったところより
随分サイドに切れてしまいます。

練習では、あせる事がないため体が開きませんが
やはり試合になると、焦りからどうしても体が開いてしまいます。

上半身が必要以上い開いてしまうと、特にデュースコートで
サイドに切れやすくなります。

なので、体の開きを防ぐには左手の使い方がポイントとなります。
トスを上げ終わったら左手をおへそに持っていくことを
意識しましょう。

こうすることによって、体の開きをある程度抑えることができます。
また、横向きの状態が保てます。

また、以前の記事にも書いたように
腕を耳につけるような感じでインパクトをとってください。
そうすることにより、体と腕のタイミングがとれ
上体が回りすぎることを防ぎます。

それではがんばって練習してください。

テニススクール サーブ

見つけましたよ。

サーブ不調の方、イメージトレーニングをしてください。
スローの動画です。

あの、フェデラーとサンプラスを比べています。



こちらは、ロディックです。



ワンポイントアドバイス!!!

インパクトのときに肘が耳より後ろにくると
ボールにおさえが効きにくくなります。

最初は、そんなことを意識するのもいいかも。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。